お姉さんの嘘付き?

S君の上のお姉さんはS君とは学年が6つ離れていました。 S君が中学校に入りたての時に、 物理学科に進学したお姉さんはS君に 「相対性理論では動いている時計はゆっくり進むのよ」 と言いました。 当然S君は相対性理論が何なのか知りません。 とにかく速く動いている人が持っている時計はゆっくり進むらしいと受け取りました。 そこで早速ストップヲッチを用意して、 家の柱時計とぴったり合わせた後、勢い良く近くの公園まで走りだし、 また家に戻ってきました。 しかしストップヲッチの秒針と柱時計の秒針はまったく同じです。

さてさて、S君のお姉さんは嘘つきなのでしょうか? それともS君の実験の方法がまずかったのかな?

なぜお箸が曲がるの?
御風呂場の怪?